アストロサイトのpH動態変化に基づいた神経脱落機構の解明

佐々木拓哉
(東京大学 大学院薬学系研究科 助教)

2015年6月27日土曜日

ソルトレークシティーに行ってきました

6月17日から21日の日程でアメリカのソルトレークシティーに行ってきました。

ここには、脳波の記録装置を作っている研究機器メーカーの本社があり、製造者と様々な情報交換ができました。

私はアメリカ西海岸に留学していましたが、西海岸の都市とはまた少し趣が異なり、大変きれいな街並みでした。

この機会を生かして、今後より良い研究ができるよう励みたいと思います。

3 件のコメント:

  1. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  2. 佐々木先生、
    ソルトレークシティーは僕も何度か訪れた事があります。
    モルモン教の人口が多いので、お酒が入手できないかと思って戦々恐々としていたのですが、ホテルやレストランなどでは結構楽に入手できた記憶があります。
    モルモン教の寺院もきれいだったのを覚えています。
    モルモン教徒って一般に子だくさんでした。それと一夫多妻制を許していたのも覚えています。
    他の中西部の町とは違うんだという雰囲気をそこかしこに漂わせている町だったような気がします。

    返信削除
  3. ソルトレークシティーはモルモン教の有名な建物がたくさんあり、大変整備された街という印象でした。山間部にも少しだけ行ってみましたが、こちらも大変良い景色でした。紅葉やスキーのシーズンではなかったことがちょっと残念でした。

    返信削除