アストロサイトのpH動態変化に基づいた神経脱落機構の解明

佐々木拓哉
(東京大学 大学院薬学系研究科 助教)

2015年7月8日水曜日

受賞の報告2つ


最近は2つ受賞のニュースがありました。
とは言え、どちらも私自身ではなく、当研究室の学生の受賞です。


1つ目は、第29回(2015年度)独創性を拓く 先端技術大賞「文部科学大臣賞」です。
http://www.fbi-award.jp/sentan/jusyou/index.html

本日、明治記念館にて授賞式が盛大に開かれ、代理の指導教官という形で出席をさせていただきました。



2つ目は、第132回 日本薬理学会関東部会のYoung Investigator Awardです。
http://www.dent.meikai.ac.jp/~kanto132/

一生懸命、発表練習をした成果が実り、見事発表賞を獲得しました。本研究の一部は、国際科学技術財団の研究助成金により遂行されたものです。



私自身のことではありませんが、同じ研究室の身近な学生が受賞することは、自分のことのように嬉しいものだと感じました。

おめでとうございました。

1 件のコメント:

  1. 佐々木先生ご自身のことでないとはいえ、うれしい受賞
    ですね。おめでとうございます。
    研究室にも活気が出たことと思います。

    ところで、「やさしい科学技術セミナー」の日程について
    学校側との話し合いは進んでいますか?

    返信削除