アストロサイトのpH動態変化に基づいた神経脱落機構の解明

佐々木拓哉
(東京大学 大学院薬学系研究科 助教)

2015年9月4日金曜日

一関一高にて、やさしい科学技術セミナーを開催いたしました

国際科学技術財団のご支援をいただき、私の出身高校である岩手県立一関第一高校にて、「脳科学と薬学の最先端」というタイトルのもと、やさしい科学技術セミナーを開催いたしました。

どこまで内容を理解してもらえるのか不安でしたが、セミナー後には、内容を正しく理解した上での鋭い質問をたくさんいただき、生徒さんの教養の深さに感銘を受けました。

専門的な研究内容を高校生に話すというのは大変難しいことでしたが、とてもよい経験になりました。

本セミナーの開催では、高校の先生方、財団の関係者の皆様に大変お世話になりました。
どうもありがとうございました。

 
地元の岩手日日新聞様に取り上げていただきました
 

1 件のコメント:

  1. 母校の後輩たちに多いに刺激になったのではないでしょうか?これを機会に科学や研究者の生活に興味を持つ人が出てくるといいですね。
    こういうチャンスを得ることができた学生たちは、恵まれていると思います。
    皆の前では、手を挙げて質問しないのに、講演が終わった後には、列をなして質問する。。はにかみ屋さんが
    多かったですね。
    お疲れ様でした。

    返信削除