アストロサイトのpH動態変化に基づいた神経脱落機構の解明

佐々木拓哉
(東京大学 大学院薬学系研究科 助教)

2016年11月11日金曜日

国際学会等での発表

11月と12月にはいくつかの研究発表があります。


11月4日 University of Strathclydeにてトーク(Grasgow, UK)
Takuya Sasaki
Planning future behavior based on spatial learning and memory ()
11月7日 2nd UK-Japan FoS symposiumにて講演 (Milton Keynes, UK)
Takuya Sasaki
Planning future behavior based on spatial learning and memory.
11月12日から16日まで Society for Neuroscience (San Diego, USA)
共著者として6演題ポスター発表

*このため11月は、世界一周の日程で欧米に3週間近くの滞在となりました。


 12月9日 7th International neural microcircuit conferenceにて講演
 (National Institute for Physiological Sciences, Japan)
Takuya Sasaki
Hippocampal Network Dynamics for Memory-based Planning of Future Behavior

12月16日 次世代脳冬のシンポジウム3領域合同若手シンポジウムにて講演(東京)
佐々木拓哉
行動適応における海馬場所細胞の活動パターンの解析

1 件のコメント: