アストロサイトのpH動態変化に基づいた神経脱落機構の解明

佐々木拓哉
(東京大学 大学院薬学系研究科 助教)

2017年3月7日火曜日

新しい論文が受理されました

新しい論文が受理されました

T. Sasaki*, Y.Nishimura, Y. Ikegaya
Simultaneous recordings of central and peripheral bioelectrical signals in a freely moving rodent.
Biological and Pharmaceutical Bulletin, in press.

この論文では、我々の前報の論文にて発表した方法論をさらに改善させて、実験動物の脳活動(表面脳波と脳深部の局所場電位)、心電図、筋電図、呼吸リズムを同時に測定することを可能にしました。ストレス応答の研究をはじめ、記憶や情動の研究など幅広い応用が期待されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿