アストロサイトのpH動態変化に基づいた神経脱落機構の解明

佐々木拓哉
(東京大学 大学院薬学系研究科 助教)

2018年1月24日水曜日

新しい論文がNature Neuroscience誌に受理されました(プレスリリース等)

新しい論文がNature Neuroscience誌に受理されました

T. Sasaki, VC. Piatti, E. Hwaun, S. Ahmadi, JE. Lisman, S. Leutgeb, JK. Leutgeb
Dentate network activity is necessary for spatial working memory by supporting CA3 sharp-wave ripple generation and prospective firing of CA3 neurons.
Nature Neuroscience, in press

この論文は 2013-2014年に留学していた際に実験を行ったものですが、データ解析期間が非常に長く、ようやく受理されました。

プレスリリースURL
http://www.f.u-tokyo.ac.jp/news.html?key=1516522073

ライフサイエンス新着論文レビュー
 http://first.lifesciencedb.jp/archives/17774#more-17774


その他にも最近は以下2つの論文が受理されました
*corresponding author

S. Okada, H. Igata, T. Sasaki*, Y. Ikegaya
Spatial representation of hippocampal place cells in a T-maze with an aversive stimulation.
Frontiers in Neural Circuits, in press.

T. Kayama, I. Suzuki*, A. Odawara, T. Sasaki*, Y. Ikegaya
Temporally coordinated spiking activity of human induced pluripotent stem cell-derived neurons co-cultured with astrocytes.
Biochemical and Biophysical Research Communications, 495: 1028-1033, 2018.

0 件のコメント:

コメントを投稿